大人ニキビ思春期ニキビの違い

大人ニキビと思春期ニキビの違いとは?その原因と対処法

朝起きたらニキビが出来ていた。何度も同じ部位にニキビができる。Tゾーンのニキビが治らない。
といった悩みから千差万別の悩みまで私たちを悩ませるニキビ。
今回は俗に言うオトナニキビと思春期のニキビの原因と対策を考えて行きましょう。

 

思春期ニキビ

まず、思春期ニキビの原因は成長ホルモンにより皮脂の分泌が盛んになり、毛穴を皮脂が塞いでしまうことが原因で起こります。
なの皮脂腺の多い額や顎などにニキビができやすとされています。
対策としては毛穴の皮脂を洗い流すことが重要となってきます。
殺菌効果のある洗顔料や石けんをよく泡立て優しく毛穴の汚れを洗い流しましょう。
汗をかいた部活の後などしっかり洗顔すると効果的です。
洗顔料のすすぎ残しもニキビの原因となるのでしっかりすすいで皮膚を清潔に保つことが大切です。

 

大人ニキビ

オトナニキビは若い頃のニキビとは違い原因は様々です。
特徴としてはニキビができているのに乾燥している。生理前になると出てくる。
顎から頬、こめかみ付近に繰り返しできるのがオトナニキビによくあるパターンです。
原因はストレスやホルモンの乱れから食生活の偏り、睡眠不足など。
それに加えターンオーバーが正常に行われないことにより、古い角質が毛穴を塞ぎ、アクネ菌がたまりニキビとなります。

 

対処法

対策としてはクレンジングや洗顔で日々のメイク汚れを毛穴からしっかりと落とすことはもちろん、保湿がとても重要になります。
清潔にした肌にはたっぷりの化粧水をつけ保湿し、乳液やクリームで水分に蓋をしましょう。
働く女性にありがちな、疲れているからといってメイクを落とさずに寝てしまうのはもっての他です。
どんなに疲れていても酔っぱらっていても、這いずりながらで良いので最低限メイクだけは落としてから寝てください。
肌の汚れをしっかりと落とす。まずはこれから見直してください。
清潔になったお肌をケアをすることが大人ニキビ思春期ニキビに共通の対処法です。

 

 

思春期ニキビや大人ニキビであっても、顔だけでなくお尻や背中にも出来てしまうものです。
日頃の保湿ケアや清潔を保つことが非常に重要。
またホルモンバランスを崩さないように生活習慣の改善も心がけましょう。