イソフラボン ニキビケア

ニキビケアにもイソフラボンが効果的

ニキビは過剰に分泌された皮脂が毛穴に詰まって炎症を起こした状態と言われています。
症状を緩和するには、脂っこい食事や糖分を控えることはもちろん大切ですが、
睡眠不足やストレスをためない生活を送ることも大切です。
そして、出来るだけ肌を清潔に保ち、こまめな洗顔が出来てしまったニキビには有効です。

 

食べ物からニキビ緩和を考えた時に必要となるのが、ビタミンB群です。
特に脂質をエネルギーに換え、皮脂の分泌を抑える働きがB2やその働きを助けるB6をしっかり摂ることがポイントです。
例えば、B2はレバーやチーズといったものに含まれていて、熱に強いので炒めて食べても栄養成分を損ねることはありません。
ただ、光に弱いため、冷暗所で保管するとベストです。またビタミンCを加えることでさらに美肌効果を高めてくれます。
B6は大豆やマグロに含まれています。皮膚や粘膜の健康維持に役立っています。
B2とB6は美肌を作るゴールデンコンビになります。

 

また、大豆に含まれるおなじみのイソフラボンは女性ホルモンと似た働きをしてくれて、
男性ホルモンを抑え、皮脂の分泌も抑える作用があります。
食物繊維を豊富に含むきなこや、若返り健康成分セサミンを含むゴマと一緒に豆乳を飲めば、ニキビに効果的です。
便秘解消にも役立ち、肌の免疫力もアップさせてくれます。
大豆の豊富なタンパク質が美肌効果を高めてくれます。

 

他にもできてしまったニキビによい食材として、
漢方の立場から考えると、解毒作用のあるえんどう豆やハト麦があげられます。
ハト麦はお茶にするより、ごはんに混ぜて丸ごと頂くほうがより効果的です。
また、あまりなじみがありませんが、金銀花を煎じたお茶やドクダミのお茶がいいとも言われています。